放課後デイは誰でも利用できるのですか?

いいえ。

放課後等デイサービスは、
児童福祉法を根拠法とする福祉サービスです。

小学生から18歳まで(例外的に20歳までを対象とできる場合があります)の障がいのあるお子さんが対象となります。

また、ご利用にあたっては、市町村の窓口で発行される受給者証が必要となります。
受給者証には、月ごとの利用の回数、負担上限額などが記載されます。
(受給者証の取得については、放課後デイサービスからし種のご利用を予定される方については、個別にご案内します。)

Categories: