理念~からし種の目指すもの

私たち医療法人社団同行会は、関わるすべての患者さんや家族の人生の旅路に同行し、苦労を抱えつつも安心して人と関わり成長していける場を提供することをめざし、「同行会」という法人名を名付けました。理事長夫妻はクリスチャンで、利用者の皆さんやスタッフにキリスト教を強要するものではありませんが、キリストの愛が関わっていく皆様に伝わればと考えています。私たちは以下の理念で仕事に取り組みます。

 

1.主イエス・キリストの愛が、私たちが関わる全ての人に注がれていることを伝えていく。

私達人間は弱く他人を救い得ないが、我々を救おうとしてくださる主イエスの愛を伝え、一緒に歩んでいくことは可能です。

 

2.こどもも大人も皆、苦労を抱えつつも安心して人と関わり成長していける場を提供する。

病気が治り悩みがなくなることを目指すのではなく、苦労を抱えつつ安心して人と関わり成長すること、生活していけることが大切と考えます。

 

3.家族皆をサポートするシステムを構築する。

子供、大人にかぎらず、患者さん本人だけを治そうとしてもうまくいきません。家族全体をサポートすることで効果は何倍にも深まります。

 

4.仲間の力を活用する。

浦河の良き伝統、グループワークを利用し、患者さん・親・家族が仲間同士で支えあう場を提供します。スタッフ同士も苦労を分かち合います。

 

5.スタッフの生活と仕事の幸せを両立する。

自分を大切にすることが他人を大切にすることにつながります。スタッフの私生活も大切です。また、仕事をおろそかにせず楽しみつつ取り組むことが重要です。

 

6.地域の力を借り、また地域に貢献をしていく。全世界にもつながっていく。

スタッフのみでできることは限られていますが、地域の力を借りることで何倍ものことができます。地域や全世界につながり仕事をすることで我々職員の力が最大限活かされます。

 

7.最高のサービスを提供するために、健全な最大の利益を追求する。

いい仕事を発展し、継続していくために、最大の利益を追求します。事業の行き詰まりは患者さんにも職員にもメリットはありません。最後ではあるが重要なことです。

 

***

お預かりする一人一人のお子さんとそのご家庭にとって、安心でき居心地がよい場所となりますように、そして一人一人がそれぞれのペースで成長できる、そのお手伝いができるよう、心を尽くしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。